住宅ローンを滞納したら考えること

任意売却を上手に切り抜ける

 

住宅ローンを滞納してしまいそうな場合、もしくは既に滞納してしまっている場合は、一度冷静になって今後の対応を考える必要があります。

 

家族が居て、自宅と家族の生活を守りたい人は、すぐに行動する必要があります。

 

 

いろいろな事情があって住宅ローンの支払ができないのであれば、絶対にサラ金や闇金に借りて返済しようなどとは思わないでください。

 

泥沼にはまるだけで何の解決にもなりません。

 

高利の業者から借りるくらいなら、住宅ローンの支払を止めてください。

 

住宅ローンの支払を停止したからと言って、すぐに会社にばれることはありません。

 

うまくやれば家族にも知られないで済むこともあります。

自宅のローンと市場価格を把握する

 

まずは、自宅がいくらで売れて、ローンの残債がいくらあるのかを確認しましょう。不安というのは不明確なものばかりがあるから生まれます。

 

一つ一つ明確にしていきましょう。

 

一般の市場での売値というのは専門家でなければ分かりません。

 

まずは、専門家に相談して自宅の現在の市場価値を確認してください。

これからの対策

 

住宅ローンを滞納してしまった後の対策としては下記のものがあります。

 

・銀行に相談して月々の支払を減額してもらったり、ボーナス払いの変更をお願いする。

 

・親戚や投資家に自宅を購入してもらい、家賃を払って住むような対策(リースバック)をする。

 

任意売却をして、一度自宅のローンを清算する。

 

通常は上から順番に検討して行くような流れになると思います。

 

これらの対策は素人だけで実行するのは危険です。

 

 

無料で相談に乗ってくれる機関もあるので上手に利用して、助けを得ながら一番良い選択をしましょう。

 

間違ってもこの時点で弁護士に相談などしないでください。

 

弁護士はこれらの相談に対して、自己破産や個人民事再生などの法的な手続きをしなければお金にならないので、どうしてもそちらの方に話が行ってしまいます。

 

弁護士に相談するのは任意売却が不可能な場合のみにしてください。

 

任意売却業者の選び方


このページの先頭へ戻る